手帳?いいよね〜。でも来年は買いません!!

アナログ手帳をやめてノートで一元管理する

2016年の手帳が続々と店頭に並んできましたね。
毎年、使いやすい手帳を選んで購入しています。
因みに、今年はほぼ日手帳を使用していますが、まぁ、それなりに活用できていますが・・・。

via:
シンプルなノートであらゆる情報をまとめてタスク管理をする方法 – GIGAZINE

手帳って必要?

好みと習慣の問題ですね。
手帳を使っているから仕事ができる、手帳を使っていないから生活が乱れている・・・そんなのは単なる思い込みです。
最近は、スマートフォンや各種アプリがとても使いやすくなってきているので、アナログ手帳は徐々に使われていないように感じます。

でもやっぱりアナログ手帳はいいんです!

デジタルにはない自由さと、満足できるものが含まれています。
来年の手帳を購入し、既に入っている予定や行事、記念日などを書き込んでいくわけです。
そうすると、未来へのイメージがグッと広がり、とにかくやる気を出させてくれる刺激を促してくれます。

書くことが重複するのって無駄です!

「肌身離さず持ち歩いている」

「いつも手の届くところに手帳がある」

教科書通りの手帳のポジショニングですが、いまはスマートフォンがそのポジションをでスタメン入りしています。
メモもスマートフォンでチャチャッとできちゃうので、それ自体が手帳とノートの役割を担っています。

でもさすがに打ち合わせや業務中のメモやノートは、アナログノートが便利ですね。
日報や記録はEvernoteや記録アプリに落としこんでいて、検索性を最優先にしています。

ん?

そうなると、手帳とノート、スマートフォンと記録アプリ・・・
重複しとる!!!!

これって無駄じゃあないですか!

来年からノート+デジタルで一元化します!

無駄が悪いということではなく、習慣という枠内の各項目に縛られていることを問題視しています。
習慣化すると、余計な思考や行動が最小限に抑えられ、効率よく生活できるというメリットがあります。
しかし、そこに余分なモノが少しずつ蓄積されていくことで、気が付くと見えないところで肥大化していることが多々あります。

それでは!ということで、まずは手帳を見直し、頻度と優先順位から区分けしました。

Lifebear – スケジュール管理アプリ
Evernote – 業務・各記録管理アプリ
ノート(A5・B5) – なんでも書く

シンプルにすればいい!ということに縛られず、まずはアナログ手帳をやめたという変化を楽しみたいと思います。
個性・性格・生活習慣などによって、これからもいろいろと変化していくと想定していますが、同じものに依存し続け、変化と成長をとめてしまうことだけは避けたいものです。

今日はここまで♪

Editor’s Note

iOS9にアップデートしました。
iPadのマルチタスク機能は驚きました。
あと、セキュリティ強化で、パスコードが4桁から6桁になりました。
いつも使っているパスワードが使いないぢゃあないかぁ〜。。

スポンサーリンク
ad
ad

フォローする

スポンサーリンク
ad