バッテリー長持ち!MacBook Airと外部ディスプレィを仲良く使う

クラムシェルモードで作業環境を向上させる

2013年の6月に発売と同時に購入したMacBook Air 13inch。
今年で3年目突入にも関わらず、全くヘタれず高パフォーマンスで、数々の仕事や修羅場を切り抜けてきました。

昨年から、作業内容や業務量に応じて「デュアルディスプレイ」にて効率と能率向上を目指した環境も取り入れています。

閉じててもいいMacBook Air

デュアルディスプレイ環境は、勿論、自宅のみで使用しています。大きなディスプレイと併用すると、本当に作業が捗ります。
でも、この大きな画面を見ていると・・・

MacBook Air閉じててもよくないか?

そう思って、外部ディスプレイだけを表示する「クラムシェルモード」にて使用することに決めました。

via:
MacBookProでクラムシェルモードを使う方法 | デジさる

電源アダプターを差しっぱなしはイヤだ

このクラムシェルモードは、電源アダプタを接続しスリープモード状態になっていなければ成立しません。
個人的に、MacBook Airのバッテリーを効率よく長持ちさせたいという考えがあるため、抜き差しは最低限にしています。

これではクラムシェルモードできないっす・・・。

スリープさせないアプリを使う!

スリープさせないことをキーワードに、いろいろと調べました。
ありました。
スリープさせないアプリ「InsomniaX」を導入することにしました。

使い方はとっても簡単で、インストール後にメニューバーにInsomniaXのアイコンがでるので・・・

メニュー内にある以下の2項目にチェックを入れたら設定完了!

  • Disabled Lid Sleep → 閉じてスリープするのを禁止
  • Disabled Idle Sleep → アイドルスリープの禁止

さっそく使ってみる!

InsomniaXのとても簡単な設定を完了させたら、早速使ってみます。
電源アダプタを抜き、MacBook Airを閉じてみるとそのまま起動します。
おぉ!しっかりと閉じた状態で、しかも電源アダプタを使っていない!

これで快適にデスクも広々と作業が進められますね。

今日はここまで♪

Editor’s Note

昨晩からの大雨、スゴかったですね。
夜中に何度も警報メールが爆音で送られてきて、ビックリです。

スポンサーリンク
ad
ad

フォローする

スポンサーリンク
ad