快適!MacBookAirにキーボードを乗せて使う

MBAのキーボードの上にワイヤレスキーボードを乗せて使用しています

毎日10時間以上は使用しているMacBook Air(2013 Mid)。
今年で3年目突入ですが、購入当初と何ら変わらぬ最高のパフォーマンスです。使用しているアプリケーションや、作業内容に応じて追加している周辺機器はいろいろありますが、特にトラブルもなくオールマイティーに活用できていることに感謝しています。

今年に入って、デュアルディスプレイ用に「DELL / U2913WM」を購入し、一気に作業環境に迫力が増しました。
もう、PC周りは購入するものは必要ないだろうと思っています。
しかし、自分の作業環境を見てみると、少し特殊な使い方をしているのに気が付きました・・・。

気づけばオン・ザ・キーボード

昨年にAppleのワイヤレスキーボード(もちろんUS配置)をデュアルディスプレイで作業時、必要だと思いノリで購入しました。
普段の軽微な作業時は、MBA単体でガシガシ進めています。
でもいつからか、MBAのキーボードの上にワイヤレスキーボードを乗せて使用しています。

そう、”オン・ザ・キーボード”ですよ!

キータッチ感覚が違うんです!

MBAデフォルトのキーボードは、慣れているので非常に気に入っています。
でも、ワイヤレスキーボードのキータッチ感覚も、MBAとは違って気持ちが良いんですよね。
iMacを使っている人ならわかると思いますが、良いんですよ〜、押し心地とかタイピング時の音とか。

それがキッカケで、気がつけば「キーボード・オン・ザ・MBA」が日常化しています。
あえて画像はないんですが、ただMBAのキーボード部分に、ワイヤレスキーボードが乗っているだけです。
サイズもピッタリで、意外とフィットしています。
使い心地?・・・とってもGOODデス!

同じようにしている人っているのかな?

自分と同じ状態でMBAを使用している人っているんでしょうか?
そんな疑問を持ち始めるのと同時に、検索窓に打ち込んでいる・・・そんな必然の行動をおこしていました。
結果は、居ました♪
それほど多くはないけれど、同じようにMBAの上にAppleのワイヤレスキーボードを乗せて「サイズもピッタリ!」と同じ感想です。

そんな中で、「HHKB / HappyHackingKeyboard」を乗せちゃっている猛者もいましたよ。

via:
MBAのキーボード上にHHKB置くための板を作った(オーダー方法追記) – アルファを求めるブログ

こちらの方は、HHKBを置くためのアクリル板を特注したとのレポートをブログで公開しています。
おぉ!グッと来ました。
個人的には、HHKBがワイヤレスモデルが発売されたら必ずやろうと決心しました。

なにはともあれ、自分に合った環境を快適な状態に常に調整し、カスタマイズし続けることをするか・しないかの違いだけです。
デフォルトでも不満はないならそのままでいいと思います。
このようにすると快適だ、オススメだ、した方がいいという内容では決してないのであしからず。。

今日はここまで♪

Editor’s Note

子どもたちと約束をしていたので、近所のゲオでDVDをレンタルしました。ゲオの会員証はアプリでサクサク対応できるので、とても気に入っています。(あとレンタル料も。)

スポンサーリンク
ad
ad

フォローする

スポンサーリンク
ad