目指せブラインドタッチ!基礎から徹底的にタイピングを学ぶ

ブラインドタッチをマスターするなら練習あるのみ

普段のタイピングは、正直、我流のゴチャゴチャのメチャメチャです。
仕事上、1日のメール送受信が100件近くあるので、「仕方がない」と理由をつけて、自分のやりやすいタイピングに頼ってしまっています。

これって、箸の持ち方に置き換えると、トンデモナイことですね。。

ホームポジションをキープする

タイピングの基本は、ホームポジションにあります。
キーボードの「F」と「J」に突起があり、そこにそれぞれ人差し指を置きます。

「左手」
F → 人差し指
D → 中指
S → 薬指
A → 小指

「右手」
J → 人差し指
K → 中指
L → 薬指
: → 小指

その他のキーは、それぞれ上下で移動させ、決められた指で押していきます。
ここで重要なのが、「どのキーを押しても、ホームポジションに戻る」が鉄則です。
どの指がどのキーを押しても、そこから冒険せずに、一旦、ホームへ集合!です。

アプリやサイトでとにかく練習!

基本はホームポジション!ということを常に意識し、あとは練習あるのみです。
アプリや市販ソフト、トレーニングサイトなどで、時間を見つけて、または強制的に時間を割いて追い込むことも必要です。

Typing Club


http://www.typingclub.com/

Mac App Store – タイピスト


https://itunes.apple.com/jp/app/taipisuto/id415166115?mt=12

こちらのサイトも参考までに・・・
↓↓

via:
基礎からみっちりタッチタイピングが学べる『Typing Club』 | 100SHIKI

Macのタイピング練習は無料アプリのタイピストがおすすめ

ボクも時間を見つけては、結構、追い込み気味にトレーニングしています。
でも、「毎日・決まった時間・練習量」を反復することが秘訣のようです。
不定期ではありますが、継続していると、それなりにコツとか感覚が養われてくるのを実感できます。

目標はブラインドタッチ!
デュアルディスプレイ環境で、モリモリと仕事量をこなしていくことが、当面の目標です。

今日はここまで♪

Editor’s Note

昨日、iPhoneのGmailアプリをやめました。
今後はSpark一本でGmailを活用していきます。

スポンサーリンク
ad
ad

フォローする

スポンサーリンク
ad